飲食業界特有ので失敗する転職方法とは?キラキラ部分だけで判断するのはNG

失敗

よしみです。

飲食業界はブラックと言われておりますが、おしゃれなカフェを開きたい、自分なりの飲食店を持ちたいというような「夢」を持たれて転職する人が多いです。しかし、どんな業界、職場でも「転職の失敗」はつきものです。一度入社してしまったら余程のことがない限り生活もありますし、キャリアに傷がつきますから退社はしにくいでしょう。すぐ辞めてしまう経歴がありますと採用側からしてみると採用したくない人材なのです。

では、失敗しない飲食店の転職方法とはどういったものなのでしょうか。転職を考えている、または、飲食店の求人案件を見ている、活動している人も今一度選考企業やエントリー企業、方向性を見直しているといいかもしれませんよ。

求人選びで失敗する代表的なこと

年収飲食店の求人エントリーや転職で失敗あるあるをご紹介します。

即内定にうかれて入社してしまう

内定が出るということは前の職場とおさらばできるのです。それは嬉しいことですよね。

そのテンションに飲まれてしまい勢で「承諾」をしてしまう方が多いです。むしろ面接の場で「内定」と言われ「はい!行きます。宜しくお願いします!」なんて言ってしまうと面倒です。

あとあと年収交渉をするのに気持ちにブレーキがかかってしまいます。

面接などで高評価を得る、好条件を口頭で言われる

企業も人が少なく本当に困っています。採用担当者も採用のプロです。外食産業の人事ともなれば繁忙期以外面接やら書類チェックやらで大忙しです。結局、どんなことをやっても辞めていく人はいます。その穴埋めを早く早くしたいので、採用スピードもとにかく早いです。

面接で褒められると嬉しいですよね。そして、企業への関心度も高まり、内定と言われてしまえば「承諾」してしまいがちです。人事の罠にかかっています。

店舗の活気だけで選んでしまう

店舗が活気あることは大変素晴らしいことです。儲かっている証拠でしょう。
活気があれば周りのスタッフも感化され活気が出てきます。その活気がお客様へ伝達され、お客様も高揚感が増すわけです。

しかし、ポイントはその活気が忙しいバタバタ活気なのか、みんなで盛り上げようとしている活気なのかの見極めが大切です。忙しいのであれば、休む暇もないでしょう。

給与事例の高年収部分のみ目がいく

企業も人が欲しいのです。アピールできるポイントはアピールしたいです。

ですので、実在する社員のでーたもあるとあると思いますし、モデルケースとして最高に成果を上げた人を例にして想定年収を記載する場合もあります。

正直、入社してみないとわからない部分です。しかし、「とある企業では前企業の年収は保証する」という制度を設けている企業もあります。

求人表の他にも給与テーブルがあるのか、昇格はどのタイミングなのかなどしっかり確認し、高年収を確保している人をイメージできればその企業で働く姿をイメージできているのと同じなので進んで問題ないと思います。

失敗しない転職方法はどうすべきなのか?

転職入社を決める気かっけはやはり、「人事の人を気に入った」「内定にテンションが上がった」で一気に決めてしまうことです。しかし、その「人事の人を気に入った」「内定にテンションが上がった」で内定承諾をしてしまうのは転職失敗あるあるなのです。

肝心なのは、実際社会人になり給与を受け取り生活していくとなれば大切なのは、企業体質や給与体系、働く場所、昇給制度などの福利厚生です。いくら人事の人が「うちはすげ〜から!!」といったとしてもしっかり書面で条件などを確認することは大切です。さらに媒体などに掲載されている求人情報を全て鵜呑みにしてはいけません。

鵜呑みにしてはいけない理由として

  • 残業のことはどうなっているのか
  • 昇給制度はどうなっているのか
  • 福利厚生はどうなっているのか

などは人事の人に直接確認が必要です。

賃金体制と給与交渉はしっかりと

クックビズ出典:https://cookbiz.jp/

入社3年目の29歳で年収450万円もらえたら嬉しいですよね!!

でも、ちょっとまってください月給34万円としますと12ヶ月で408万円でボーナスは42万円です。「あれ?ボーナス少なくね?」となりますよね。入社7年目店長は33歳。年収500万円です。ボーナスは90万円ほどありますが、先ほどの29歳の店長と月給は同じなのです。

働き盛りの30代の平均年収

30代の平均年収は456万円です。

DODA出典:DODA 2015年平均年収ランキング

世代別の平均年収ではなく業界別の平均年収では「小売/外食」男性379万円です。立ち仕事で休みもない職業のわりには平均年収は低めです。ですので、転職するときはお金のことはきっちりしましょう。【エフジョブ】などの人材紹介会社を利用すれば代理で年収交渉も行ってくれるので、上手に使うことをお勧めします。

給与はどんな仕組みになっているのかしっかり確認する必要はありますが、お金のことになると日本人はなぜか苦手という傾向があるようです。個人エントリーでの面接では「もっとお給料ください」なんてなかなか言えないですよね。ここで失敗してしまう人が多いのです。

キャリアプランやポジションの確認をする

20代での転職と40代での転職は訳が違いますし、企業からの評価ポイントも違います。

各年齢別の評価ポイントは

  • 20代:元気があり、真面目。将来の店長候補
  • 40代:経験・知識が豊富。経営目線で仕事ができる

です。30代といいますとそれなりに店長、SV、料理長などを経験しており、アルバイトの人材教育も経験あるという感じです。40代になると経営目線で物事を考えることができ、それを上手に店舗に落とし込めるかです。

ですので、20代であれば5年後、10年後に企業が用意しているポジションであったり、将来の展望をしっかり聞けるかがポイントです。40代であればやはり統括ポジションレベルでしょう。さすがに「まずは下っ端で!」はお断りしたほうが良いかと思います。転職した先で、場所や店舗運営方法がわからないため積極的に自分からチャレンジするのは良いですが、ポジションを下げられてしまってはいつ上に登れるか確約されないと本当に社畜のようにこき使われて終わります。ですので、キャリア・ポジションの確認が必ずしましょう。

最後に

如何でしたでしょうか。

行ける範囲で結構ですが、やっておいて損ではないこと、いやむしろやってほしいこととして「転職前に店舗を視察すること」です。どういう店舗れ働くのかをチェックしておくことで面接も非常にスムーズです。店長、料理長、SVクラスともなれば店舗の改善点を教えてください的な質問くるはずです。そこで「実際いってみたのですが・・・や・・・・・・・が素晴らしく・・・・、しかし、こういうところを・・・」などあると好感触かもしれませんよね。

面接がトントン拍子で進んでいましたら、「内定」はまじかです

しかし、浮かれることなく見定めることが必要です。話が進んでいる企業の店舗へ足を運び雰囲気を感じ取りましょう。スタッフへ目を配ってみましょう。どんなタイミングで料理がサーブされてくるのか、スタッフが激忙しそうにしていないかなど・・・チェックすることを必ずしましょう。

企業勤めではあるのですが、一般の商社やIT企業、製造業などと違い実際に働く姿をチェックすることができるのです。イメージをつかむためにも必ずご飯を食べに行きましょう。

飲食業界で働きたい・転職したい
×
ブラック飲食企業で働きたくない

とにかく飲食業界で働きたい!自分のスキルを存分にふるいたい!転職が初めて・・・など飲食業界で働きたいを叶えるなら「エフジョブ」。

市場には出回らない求人案件も多数保有しているので、情報収集の価値もあり。マンツーマンで就職先を支援してくれます。キャリアアップなどの相談も可能なのが「エフジョブ」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

北関東出身。東京上京後学生時代に飲食店でアルバイト。その流れで飲食業界へ飛び込み25歳で赤坂の和食店で店長を経験。もちろんお客様はその道の方々が多かったです。系列店の店舗メニューデザインなどを併せて担当したのち、デザイン会社や人材紹介会社を点々と・・・その経験を生かして失敗しない飲食業界の転職方法をご紹介します。