完全週休2日制と週休2日制の違いって知っていますか?【知っておくべき就労条件】

calcalrrr

求人サイトに「完全週休2日休み」と「週休2日休み」と 休日の表記を見たことあると思いますが、何が違うのだろうと思ったことがあるかと思います。記入者のミスか?そもそもこの違う制度なのか??などなど・・・働く上でははっきりさせておきたい項目のうちの一つです。

違いを知らないまま転職してしまい、

  • 週休2日制と聞いていたのに働いてみたら、月間で8日休日があるのかと思っていたが、月間6日しか休日がない
  • 土日休みかと思っていたのに、日曜と隔週月曜休みでトータル6日しか休みがない

という声をかなり効くことが多いです。

人材紹介会社を利用しているのであればしっかり説明が欲しいところですし、企業としても説明しなくては結局早期退職になってしまい、全ての関係性にヒビが入ってしまいます。これを繰り返すようであれば不毛です。

労働者側としては知っているようで知らない曖昧な表現がありますのですで、しっかり頭に入れておきましょう。

労働基準法での「休日」の決め事

休みについて知っておいて欲しい基本となるところです。

労働基準法
法定の労働時間、休憩、休日
使用者は、少なくとも毎週1日の休日か、4週間を通じて4日以上の休日を与えなければなりません。
引用:厚生労働省:労働時間・休日

毎週1日以上の休日を与えることが義務つけられております。

完全週休2日制と週休2日制は実は全く違う制度なのです。これを勘違いして転職をしてしまうとかなりプライベートな時間が削られてしまいますので、しっかりチェックしましょう。

完全週休2日制

1年を通して、毎週2日の休日があること。たとえば、毎週土曜と日曜、火曜と水曜が必ず休みになる場合などを指します。

例をあげますと

  • 完全週休2日制(土・日) ⇒ 毎週土曜と日曜が必ず休みになります。
  • 完全週休2日制(水・日) ⇒ 毎週水曜と日曜が必ず休みになります。
  • 完全週休2日制(シフト制) ⇒ シフトに応じて必ず毎週2日の休みがあります。

ワンポイントチェック項目

「完全週休2日制(土・日・祝)」と「完全週休二日制(土・日)、祝日」にも違いがあるのです。

「完全週休2日制(土・日・祝)」は週2日休みを取得できますが、その週に祝日がある場合は、土曜・日曜・祝日のいずれかで休みが2日となり、いずれかのどれかは出勤という表記です。ですので、3連休だ「うぃーーーー!!」と思っていたところに、思いもよらない出勤がある可能性がありますでの、ご注意を。

逆に「完全週休二日制(土・日)、祝日」は土日休みと祝日も休みですので、ここでもかなりの差があります。祝日は毎月1日程度ありますでの、年間12日間以上の休みの差が出ますよね。どうせならこの制度の方で働きたいものです。

週休2日制

1年を通して、月に1回以上2日の休みがある週があり、他の週は1日以上の休みがあることです。

  • 週休2日制(日、月2回土曜日)⇒ 毎週日曜と月2回土曜が必ず休みになります。
  • 週休2日制(月7日 シフト制)⇒ 週2日休み確保のほか、流動的に休み確保

飲食店・アパレルなどは「週休2日制(月7日 シフト制)」などのこのシフト制を敷いている企業が多いです。アルバイトの出勤状況にもよりますし、繁忙期にには休みが少なくなることもあるでしょう。

華やかさに惑わされず考えて・相談して転職活動をすること

考える
完全週休2日制と週休2日制の違いをリアルに数字に落とし込んでみましょう。

完全週休2日制
(土日)、祝日
完全週休2日制
(土・日・祝日)
週休2日制
日休み・月2回土出勤
年間休日 約121日 約104日 約96日
稼働日数 約245日 約261日 約269日

完全週休2日制(土日)、祝日と週休2日の勤務体系では実に25日の稼働時間に差が出るのです。休みって大切ですよね。

飲食業界がブラック業界といわれている所以もここにあるわけです。しかし、飲食業界の働き方、就労条件も法律からみると極めて普通でブラックではないのです。そう、他の業界が休みが多いだけです。ブラックブラックと言われ続けている飲食業界ですので、完全週休2日制を敷き、労働条件をよくしていこうと動いている企業も多くあります。

今までの先行イメージが強く、求人案件にはなかなか表現しにくいところですので、人気企業といえどエントリーするのに一歩ひいいてしまうがちです。そんな時のために人材紹介会社を利用するのです。【エフジョブ】【アイティーケー】などの転職コンサルタント・アドバイザーであれば、労働条件の相談もしっかりのってくれますので、一人で抱え込んでいる時間も解決可能です。

休日の多い少ないも自分の人生に関わる部分で大切なところです。家族ができればなおさらでしょう。【エフジョブ】【アイティーケー】などの転職コンサルタント・アドバイザーを上手に活用して、転職を成功させましょうね。

飲食業界で働きたい・転職したい
×
ブラック飲食企業で働きたくない

とにかく飲食業界で働きたい!自分のスキルを存分にふるいたい!転職が初めて・・・など飲食業界で働きたいを叶えるなら「エフジョブ」。

市場には出回らない求人案件も多数保有しているので、情報収集の価値もあり。マンツーマンで就職先を支援してくれます。キャリアアップなどの相談も可能なのが「エフジョブ」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

北関東出身。東京上京後学生時代に飲食店でアルバイト。その流れで飲食業界へ飛び込み25歳で赤坂の和食店で店長を経験。もちろんお客様はその道の方々が多かったです。系列店の店舗メニューデザインなどを併せて担当したのち、デザイン会社や人材紹介会社を点々と・・・その経験を生かして失敗しない飲食業界の転職方法をご紹介します。