【飲食求人】「店長・店長候補」「料理長・料理長候補」の求人を調べてみた

求人案件

よしみです。

飲食業界の求人案件といえばホールは「店長・店長候補」です。キッチン形であれば「料理長・料理長候補」です。転職するのであれば「候補」ではなく「店長」「料理長」として高い給与で 働きたいものです。実際のところ求人案件数はどうなのか、過去の経験でいきなり店長・料理長になれる人材は・・・などをご紹介いたします。

「店長・店長候補」「料理長・料理長候補」で

「飲食 求人」で検索した時に、検索結果1ページ目に表示されているサイトをいくつかピックアップし一覧にまとめてみました。

# 店長・店長候補 料理長・料理長候補
求人@飲食店.COM 1013件 924件
グルメキャリー 首都圏版 110件 131件
ジョブレストラン 2272件 1196件
クックビズ 3038件 3462件

(参考:2016/12/05時点)

グルメキャリーなど僕が飲食店に在籍していた8年くらい前にはコンビニエンス等で冊子で求人情報を紹介していた媒体でかなりに老舗になります。首都圏のみの案件で店長候補・マネージャー候補・支配人候補が110件でした。首都圏の飲食店は数え切れないほどあるなか110件ですと若干掲載ボリュームが少なく感じます。

では、掲載されている情報をチェックしてみます。今回数字を出した条件としては「店長・マネージャー(候補) 」です。つまり、店長案件があって良いということです。

job18933引用:https://cookbiz.jp/job/job18933.html

求人タイトルは【愛知/刈谷・知立】<未経験も月給25万円以上>人柄重視◎月6日休!最短3ヶ月で店長に!新規出店のため社員募集!充実した待遇◎オリジナルブランドの店長への道も!です。給与も「※店長昇格後は月給28万円~」と記載されております。100%店長での採用とはならないことが想定されます。

この求人にみなさんがエントリーした際、力強く「店長でのみ採用してください」と言い切れますでしょうか。職を探している側としてはなかなか強く言い切れないものです。自分からエントリーするものとスカウト・ヘッドハンティングされるものは気持ちの問題で少し違います。これが求人サイトにエントリーするというものです。

過去の経験でいきなり店長・料理長になる方法

求人情報の「候補」の案件にはエントリーしないが一番です。企業も経験者を安価で雇えるのであればそれはそれで嬉しいいことです。求職者となるとやはり「働かなくてはいけない」という考えと、企業としては「働かせてあげる」というはっきりを見えはしないですが、対等でないが成り立っていることが多いです。その時に役に立つのが第3者の支援です。つまり人材紹介会社です。

人材紹介会社にも、とにかく紹介できればするという何でも屋さんとエキスパート職・案件を取り扱っている人材紹介会社があります。いきなり店長、調理長、SVなどを目指すのであればエキスパート職を取り扱っている人材紹介一択です。例をあげるのであれば【エフジョブ】【itk(アイティーケー)】が有名です。

この2社は転職コンサルタント・アドバイザイーをかけており、飲食業界の店長、調理長、マネージャー経験者など在籍しておりますので、様々なことを相談することが可能なはずです。このような第3者の存在は非常にう役に立ちますので、有効活用が必要です。

役に立つこととして

  • 年収の交渉
  • ポジションの交渉
  • 入退社の日程調節
  • 面接日程調整

などが上がります。やはり年収、ポジションの交渉は大きいですよね。

最後に

飲食業界は、ブラック企業ばかりともいわれたり、いつでも働ける、40代でも働けるなど、少し低くみられがちですが、市場規模としては数兆円あるなど日本の経済を担っている存在です。その分、夢もあります。店舗を出店するにはやはり店長経験、料理長、シェフ経験が必要です。サラリーマンがいきなり飲食店を持つことはできると思いますが、運営で失敗するケースが多いです。

独立したい、上位ポジションを狙うなど希望があるのであれば、それなりの交渉は必要です。交渉が必要となりますので、人材紹介などを利用し、「店長候補」「料理長候補」は除外してもらい、ストレートに上位ポジションにエントリーするのが望ましいです。これが人材紹介会社の上手な使い方です。

飲食業界で働きたい・転職したい
×
ブラック飲食企業で働きたくない

とにかく飲食業界で働きたい!自分のスキルを存分にふるいたい!転職が初めて・・・など飲食業界で働きたいを叶えるなら「エフジョブ」。

市場には出回らない求人案件も多数保有しているので、情報収集の価値もあり。マンツーマンで就職先を支援してくれます。キャリアアップなどの相談も可能なのが「エフジョブ」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

北関東出身。東京上京後学生時代に飲食店でアルバイト。その流れで飲食業界へ飛び込み25歳で赤坂の和食店で店長を経験。もちろんお客様はその道の方々が多かったです。系列店の店舗メニューデザインなどを併せて担当したのち、デザイン会社や人材紹介会社を点々と・・・その経験を生かして失敗しない飲食業界の転職方法をご紹介します。