飲食業界は社会になくてはならない幸せを与えてくれる場

居酒屋

よしみです。

大手居酒屋チェーン某社がブラック企業の代名詞のように認知されてからはや数年。その後も大手牛丼チェーン某社の「ワンオペ」など、ともすればブラック企業だらけのようにも見られがちな飲食業界。実際、学生の就職希望先としても、社会人の転職希望先としても、正直なところ全くといってよいほど人気が無いのが現実wです。

しかしその一方で、私たちは一人の消費者として、身の回りに多数存在し、そして多様な飲食店の数々に、単に腹を満たせば良いというレベルを超え、それ以上の幸福感・満足感を得られる場として、場合によってはレジャーとして、楽しんでいるのも事実。つまり飲食業界は「飲食」という行為だけにとどまらない価値を顧客に感じていただける社会にとってとても素晴らしい存在であるのも事実なのです。

それでも、飲食業界へ転職をしたいという想いを持たれている方々は多数いらっしゃいます。そんな一場面をご紹介します。

ブラックもブラックではない?!感じ方は人それぞれが飲食業界

調理
長時間労働、その割には報いの少ない低賃金、これが誰しもが思い浮かべるブラック企業の条件?でしょうか(加えて言うならいわゆる「名ばかり管理職」もですかね)。今回はそれに加えて少し別な視点から見てみたいと思います。

ずばり「働いている人の満足度、それにリンクしているであろうモチベーション・活力」からです。

長時間労働も低賃金も実は人によってそう捉える基準は必ずしも一致しているものではありません。法令を遵守していないレベルであればどう感じようがアウトなのは当然ですが・・・。

働きたいからその業界で頑張っている

感じ方は人それぞれ、まずはこの点に留意して欲しいと思います。低賃金にしても然りです。「飲食って長時間だからねー」という会話をするのであれば、何時間のことをお互いイメージしているのかぜひ確認してみてください。

確かに飲食店の拘束時間がかなり長いです。ランチがあるお店では朝の10時に出勤して、夜の24時付近まで働いている人もいるでしょう。キッチンスタッフが足りない店舗であれば、ちょっとした休憩のみでぶっ通しということもあるでしょう。

私が支援した企業のとある店舗ではありましたが、アルバイトさんも稼ぎたい!の一心で頑張っていてアルバイトでも月給40万近くもらっている方もいたそうです。傍目から見れば、それはブラック企業に見えてしまうので早く人員を確保したいという願いだったのですが・・・アルバイトさんや社員さんからしてみれば残業がつくので早くお金が貯まるので嬉しかったようです。

飲食以外の企業だからと言って安心はできない

では、真っ当だと認識しているいわゆる普通のBtoB企業において、その労働時間はあり得ないのでしょうか?答えはNoです。ブラック風の企業は沢山あります。ブラック企業大賞というのがあるのをご存知でしょうか。有志が集まり各企業を評価しているサイトです。結構面白いのでチェックしてみてください。もちろんこの会社に就職して満足している人もいます。でないと働く人材がいないので即会社は潰れますよね。潰れないにはそれなりの理由があるのです。

商社やコンサル会社も働く時間はとにかく長いでしょう。移動時間を含めたら休みなんてないのと一緒です。午前中は東京で仕事の後、午後は大阪、その足で福岡に出張。帰ってくるとしても東京の後すぐに名古屋などなど・・・知人のコンサルはめちゃくちゃ忙しいですw。しかも、ご家族を持っていましたら家にいないことも多いと思うので疎遠になりがちです。どうですか?家族に時間を大切にしたいと思いませんか?

夢中になるから経験値が溜まることもある

過去に夢中になってテレビゲームをしていたら翌朝になっていたことはありませんか?私は高校生くらいまで何度もありました。大学中はバイトで朝までというのはザラでした。深夜帯は時給がいいのと来店者が少なかったのでなんか割がいいなと思う程度でしたね。社会人になってからも仕事にのめりこみ、毎日終電という日々が数年続くこともありましたが、当時は何とも感じていませんでした。その分お給料はしっかりもらえておりましたので、気にならなかったです。

社会人3年目くらいまでは、とにかく自分の成長感。それ以降は、クライアント・お客様と直接取引きを行うこともあり、喜んでもらいたい、評価いただきたいという思いが強かったため、かなりのめり込んでいました。その甲斐もあり、いろいろな出会いや経験を速いスピードで積むことができたと思います。

なくてはならない最早社会インフラ

飲食業界は上述の通り、私たちには無くてはならない幸せを与えてくれる場です。

「独立して自分の店を持ちたい」という願望を持っている方もたくさんいますよね。きっと同じ気持ちからではないでしょうか。飲食業界で働く人たちが等しく不幸を味わいながら仕事をしているのであれば、私たちが幸せを感じるようなことはなかなかないと思います。もしこの業界で働くことを考えている方はぜひ意中のお店にお客さんとして足を運んでみてください。活き活きと働き、サービスを提供してくれる店の方々がブラック企業で苦悶に耐えながら日々過ごしているはずはないことに気づくでしょう。もちろん、陰鬱な表情でサービスも良くない、となればそれは仮に労働時間が短かったとしても本当の意味でのブラック企業といえるかもしれません。

見るべきポイントは

  • 店長、社員の表情
  • アルバイトの表情
  • ドリンク、フードの提供までのスピード
  • 店内の雰囲気

と一般的ではありますが、基本が大切です。疲弊しているうスタッフがいるのであれば、お店にしてみればたまたまかもしれませんが、それはマネージメント力ということです。お客様にしてみれば、その一日が大切な日だったかもしれません。

海外と日本をつなぐコミュニケーションの場

近年外国人観光客が増えています。
外国人観光客引用:平成26年 京都観光総合調査結果の主な内容

日本の神社仏閣など歴史、文化に触れることも大きな目的になっているでしょう。同時に日本の食のサービスレベルの高さを讃える声もたくさん耳にします。やりがいにつながりますよね。

ミシュランの星がついていないようなところであっても、お客様を大切に、精一杯のサービスを提供するその姿勢が受け入れられているものと思います。日本の飲食業界は激しい競争を何十年と重ねてきた結果、そして近年では「ぐるなび」や「食べログ」などの存在もあり更に練磨されることで、いまや世界に誇るレベルの水準に到達していると言っても多くの方にとって異論はないのではないでしょうか?何より、私たち日本に住む一人一人が普段何気なく利用しているお店がある日突然閉店したときに大きな喪失感を感じることからもわかるとおり、その存在を無意識でも非常に強く強く欲しているのです。

多くの人に幸せを与えることができる、しかも何度も何度も。働く場として、少なくとも他の業界に際立って劣っているなんてことは絶対にない、素晴らしい場の一つだとお感じいただけませんか?

満足のいく働く職場を見つけるには

ポイント
「飲食業界は社会になくてはならない幸せを与えてくれる場」とはいいつつもそもそも働く場所ってどうやって見つけるの?ということになります。求人サイトや紙面で探す人もいるでしょう。それが一般的です。

しかし、その探し方ですと隠れブラック企業に就職してしまう可能性もあるのです。求人サイトは基本的に自分でエントリーし、選考・年収交渉など全て自分でやります。時間もかかりますし、思うような年収がもらえないかもしれません。それ代わり、今の転職方法は人材紹介会社を利用するというのが主流になりつつあります。

【エフジョブ】【アイティーケー】という人材紹介会社もあります。

人材紹介会社の特徴は

  • 希望する飲食店の求人を探してくれる、紹介してくれる
  • 面接対策をしてくれる
  • 日程調整、年収交渉などしてくれる

が大きな特徴です。

働いている時にここまでやってくれるのは非常に助かりますよね。しかも利用無料なのです。

飲食業界で働きたい・転職したい
×
ブラック飲食企業で働きたくない

とにかく飲食業界で働きたい!自分のスキルを存分にふるいたい!転職が初めて・・・など飲食業界で働きたいを叶えるなら「エフジョブ」。

市場には出回らない求人案件も多数保有しているので、情報収集の価値もあり。マンツーマンで就職先を支援してくれます。キャリアアップなどの相談も可能なのが「エフジョブ」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

北関東出身。東京上京後学生時代に飲食店でアルバイト。その流れで飲食業界へ飛び込み25歳で赤坂の和食店で店長を経験。もちろんお客様はその道の方々が多かったです。系列店の店舗メニューデザインなどを併せて担当したのち、デザイン会社や人材紹介会社を点々と・・・その経験を生かして失敗しない飲食業界の転職方法をご紹介します。