飲食業界の転職・就職にはまず知る事が大切

飲食求人

よしみです。

将来の夢は店舗を運営したい!という想いを持ち脱サラして飲食業界に飛び込む人もいます。大学を出て飲食業界に就職する人もいます。

漠然と企業に入社してしまうと思わぬ時間のロスになります。飲食業界を知ってから、転職・就職を検討しても遅くはないです。和洋中そして居酒屋が大きなカテゴリーとしますと、細分化しますとバル、バー、カフェなど様々です。

『飲食業界のどのジャンルで働きたいのか?』

その中でどんなジャンルの仕事が自分にあってるのか考えてみましょう。

どのジャンルで働くかで働き方が変わる

飲食業界と言えばもちろん「料理お酒」「接客サービス」を提供する職業です。飲食業界と言う業種の中にも種類が有り、食に関わる部分では和、洋、中と別れてます。

また居酒屋などの場合は和洋中とミックスされ様々な料理が提供されます。居酒屋の場合料理を作る従業員はプロ~素人(アルバイト)の従業員が多く専門的な事を中心にするお店ではありません。和、洋、中と専門的なお店で働きたい場合は居酒屋などでは無く自分が志望するジャンルを選んで仕事探しをすると良いでしょう。厨房で働く場合は最低でも料理が出来る程度で無ければいけません。家で作る簡単な料理では無く包丁裁きがきちんと出来る程度じゃないと厨房で料理を作らせてもらう事ができません。一番良いのはある程度知識や教養そして実技がきちんと行えるレベルだと厨房にすぐ入る事ができます。

ホールスタッフの場合などは接客業を経験した事がある方が面接の合否も優先され学生の頃でも社会人になってからでもある程度接客業など経験した事がある方が有利になります。専門的なお店になるとホールスタッフはサービスマナーなど料理だけでは無く接客技術を必要とされるので接客に関して自信があるだけでは無く知識、教養などがきちんとできる方で無いと難しい場合があります。

居酒屋のホールなどは専門的なお店と比べ接客レベルは明るい元気がある楽しませるなどのワードが多い接客レベルなので愛想が良いお客様と会話するのが好きなど会話が楽しめるスタッフが求められています。時分自身がどの分野で働きたいのか厨房で働きたいのか専門的なお店で働きたいのかなど踏まえた上で仕事探しをしてみると良いと思います。

店長候補募集or高時給などの売り文句

求人誌を開けばオープニングメンバー募集や店長候補募集そして高時給など歌い文句が目立つように乗せられていますが、誰しもが店長になれる訳ではなく面接官はいつでも「経験者」「実績」などを重視し面接を行います。

なので店長候補であったとしても最初は下積み経験を積まされお店に結果を残せるスタッフのみ候補者とし残り店長になります。高時給も最初の数ヶ月オープン期間中などでずっと高時給などはほとんどありません。お店の売り上げが低ければスタッフに高時給を与えられる事ができないので実力や売り上げなど成績で給料が決められます。

売り文句にすぐ飛び掛るのではなく面接の際にきちんとした説明や時分自身の実績や実力などを考慮して面接時に時給の仕組みや給料などをきちんと話し合う事が大切です。能力や実力そして実績がある場合は給料の交渉もできるので面接時にきちんと納得するまで話し合う事が大切です。

求人誌だけでは無く口コミも大切

求人サイトの情報では、企業人事の発信のみになります。ですので、口コミサイトなども軽く嗜む程度に参考すると良いです 。口コミでお客様が見せ側に対する評価が低ければ低いほどクオリティーが低く働く側も飲食業界に対して学べる事が少ないと思います。口コミや評価などが高いお店の場合だと食にこだわりがあったり人材育成にも力を入れてるので働く側もお客様も気持ちよく仕事したり来店したりできるので働くやりがいは大きいと思います。

国内で有名な店舗の口コミサイト

飲食業界は接客業なので働くスタッフは明るい人が多いです。常に向上心を持って明るく楽しく働いてる人が多いので挨拶はもちろん人と接する事が好きな人じゃないと人間関係が難しいです。コミュニケーションはもちろん常に人と人が繋がる職場なのでコミュニケーション能力はとても大切です。

働きやすい職場を探すには自分に合う仕事のジャンルそして仕事内容をきちんと把握し面接も一軒だけで決めるのでは無く何件も面接を受ける事が良いです。働く事に妥協をしてしまうと後々仕事を変えるのも大変なので働きたい意思が強いお店のみをリストアップしその中から選ぶ事が良いです。

アドバイザーに無料相談をする

無料相談というのが転職活動でもあります。
求人サイトを畝位している、人材紹介企業に転職相談をする形になるのですが、アドバイザーが求職者の皆様の要望をヒアリングし、その内容にあう求人案件を紹介してくれるというものです。相談して企業も紹介してもらえるなど、「本当かよ?!」というくらいありがたいのですが、意外に知られていないのが現実です。

エンジニアや営業職の転職ではこの転職アドバイザーや人材紹介会社を利用して、ほぼ希望に合致した条件で転職を成功させているのです。

飲食業界で働きたい・転職したい
×
ブラック飲食企業で働きたくない

とにかく飲食業界で働きたい!自分のスキルを存分にふるいたい!転職が初めて・・・など飲食業界で働きたいを叶えるなら「エフジョブ」。

市場には出回らない求人案件も多数保有しているので、情報収集の価値もあり。マンツーマンで就職先を支援してくれます。キャリアアップなどの相談も可能なのが「エフジョブ」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

北関東出身。東京上京後学生時代に飲食店でアルバイト。その流れで飲食業界へ飛び込み25歳で赤坂の和食店で店長を経験。もちろんお客様はその道の方々が多かったです。系列店の店舗メニューデザインなどを併せて担当したのち、デザイン会社や人材紹介会社を点々と・・・その経験を生かして失敗しない飲食業界の転職方法をご紹介します。