飲食店アルバイトがそのまま正社員になってしまうくらい飲食店は楽しい場所

ステップ

よしみです。

飲食店でのお仕事は楽しい場所です。学生時代にいくつかの飲食店でアルバイトをしていました。超大手ビール会社、ワインバー、赤坂の和食店などなど経験し、赤坂の和食のインパクトが強くて入社し、3年で店長をやらせていただき・・・色々経験させていただいたのを覚えております。

今でも飲食店は変わらず画期があるのとなんでも話せる空間として好きです。

大学在籍中に飲食店でアルバイトを経験して、そのまま入社される学生さんもいます。それくらい飲食店というのはエネルギーがあるある場所なのです。ちょっと一歩踏み出せないみなさんに、『飲食店のどんなことが楽しいのか』ご紹介させて頂きます。

毎日多くの人に接する事ができる職場

接客業は?と聞けば飲食店がすぐさま思い浮かぶかと思います。それくらい「接客」に特化した業界です。その接客というキーワードを体現するかのように、飲食店では毎日出会いがあります。

お店の規模や業態によっても違いはでますが、観光シーズンともなれば全国各地からお客様がお見えになりますし、最近ではインバウンド戦略として海外アピールも国の政策としておこなっておりますので、そのお客様も多くなっていることでしょう。色んな地域からやって来られる見知らぬお客様と出会う事の喜びを感じる事ができます。

「ありがとうございました」「美味しかったです」の一言でも気持ちにエンジンがかかり、もっと頑張ろうという気持ちにもなります。また、海外のお客様はやはり言葉の壁が高いようですが、一生懸命言ってくれた「ありがとう」などを耳にしますとなんとくなく幸せな気持ちになれるものです。

飲食店はその毎日なのです。

チームワークで達成した時の喜びの共感

ご存知の通り「ホールスタッフ」と「料理スタッフ(キッチン)」の2つのポジションで成り立っています。もちろん本部の店舗開発や人事、総務、経理などもありますが、現場は「ホールスタッフ」と「料理スタッフ(キッチン)」です。この2つがうまく機能しないとお店も成り立ちません。シナジーが必要になります。

つまり一人で運営するのではなく、チームで運営していかなくてはいけません。

ホールで注文を聞き、キッチンが作る。作ったものを温かいものは温かいうちに、冷たいものは冷たいうちに早急に提供する。インバウド対策として海外の方を大量にターゲットしている場合は、宗教上口にできないもの、アレルギー対応等も必要になってきます。そこには言語の壁もあるでしょう。ホールとしても、キッチンとしてもそれ相応の知識と連携が必要になってきます。

新しい料理に触れることができる

料理と言っても和食、イタリアン、フレンチ、家庭料理風、無国籍などなど挙げたらきりがないくらい数多くのジャンルの料理があります。

その日の特別料理もあるでしょうし、季節限定の料理もありますし、その日の特別料理もあります。それを見るのが楽しみですし、試作品として賄いで出てくる可能性もあります。オープンキッチンであれば、暇な時時間に余裕がある時はのぞいていることも楽しいです。キッチンとしては仕込み時間かもしれませんが、新しい料理を開発する時間でもあります。

大手チェーンですとセントラルキッチンがあるなどである程度の仕込みが終わった段階で届き、手を加えるという作業工程かもしれませんが、そこまで店舗数が多くない場合は、各店舗で試作したり、その日の仕入れによっておすすめメニューを作成したりします。それもまた楽しみです。

最後に

飲食店はブラックだとか言われますが、それは汚い方法で運営されている一部の企業であります。

健全に運営している企業も数多くありますし、そういう企業は大手、中小問わず高いリピーターもいますし、常に繁盛しております。そして、繁盛しているので材料を大量に購入することも可能で、よりコストを下げることも可能。結果、利益が残りスタッフを雇い入れることができ、そして、そのスタッフを入れたことで周りのスタッフにもゆとりが生まれ今以上のパフォーマンスを出してくれる。

と上方スパイラルが発生していくのです。

新卒、転職で優良実績の飲食求人を探しているのであれば、まずその「上方スパイラルの企業を見つけることが大切」になります。求人サイトでしっかりチェクすることも可能ですが、人材紹介会社を利用し、アドバイザーと相談しながら良い企業を見つけることをおすすめします。

飲食業界で働きたい・転職したい
×
ブラック飲食企業で働きたくない

とにかく飲食業界で働きたい!自分のスキルを存分にふるいたい!転職が初めて・・・など飲食業界で働きたいを叶えるなら「エフジョブ」。

市場には出回らない求人案件も多数保有しているので、情報収集の価値もあり。マンツーマンで就職先を支援してくれます。キャリアアップなどの相談も可能なのが「エフジョブ」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

北関東出身。東京上京後学生時代に飲食店でアルバイト。その流れで飲食業界へ飛び込み25歳で赤坂の和食店で店長を経験。もちろんお客様はその道の方々が多かったです。系列店の店舗メニューデザインなどを併せて担当したのち、デザイン会社や人材紹介会社を点々と・・・その経験を生かして失敗しない飲食業界の転職方法をご紹介します。